テーマ:小さな幸せ

小説案内所

このblogのSSを読みたい、と言う方への窓口を。 【小さな幸せ】 日常の、小さな幸せをテーマにした、ほのぼの系です。 【365のカタチ】 365日、つまり一年を通じてのSS。その日の誕生花or誕生石の『花(石)言葉』をテーマにしたSSを集めてます。 誕生花や誕生石、その言葉については、以下のサイト様か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

Twitterのログblogになりかけてます…… それじゃ、寂しすぎるので、たまにはSS書きましょうかね。 ま、ネタはTwitterネタなのですが( ̄▽ ̄;) 「リプライってさ」 スマートフォンをスマートには扱えないでいるせつなさんが何の前触れも無く、話始める。 いや、前触れはあったか……さっき、有名人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

もう、1週間くらい前に・・・・ あぁ、16日にアレだったから、ギリ1週間経ってないっΣ( ̄▽ ̄;) ということで、また本編の後に・・・ ひゅるるるる・・・・・どんっどんっ 夜空に無数の灯りが一瞬だけともり、また闇が出来る。 音と一瞬の閃光とが織り成す、ひと時の芸術。 「た~まや~」 「か~ぎや~」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

さて、もう少しリハビリだ・・・ 「すごいよねぇ、ツイッターって」 「ん?どうしたの??」 「好きな人から返信もらっちゃった♪」 見て、とスマートフォンを手渡される。 そこには、前から好きだって言ってたアーティストからの返信。 「おぉ、ちゃんと使いこなせてるっ」 「・・・悠君、驚くべきトコはそこでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

さて、これもリハビリです。 よって、今までと文章の構成や書き方が違うかもしれませんが、ご了承くださいませ。 だって・・・・・ 書くの、4年振りだよっΣ( ̄▽ ̄;) とんとんとん。 肩を叩かれて、背後の気配にやっと気付く。 「ん?どうかした??」 「ねぇ。悠君・・・・」 ヘッドフォンをし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

『白い日』ですし・・・ 「はい、お返し」 ぽんっ、と誰かさんの頭の上に置く小さな箱。 前にも似たような光景が・・・やられた方だけど。 包みも、大きさも全く一緒の箱をみて、不機嫌そうに、 「・・・これだけ?」 と、ニラむせつなさん。 あなたは『これだけ』の半分を自分で食べちゃったでしょうが・・・。 「いらな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

たまにはSSも書きますよー ということで、季節?に合わせて。 ・・・すでに過ぎてますがorz 「はい、チョコレート」 ぽん、と頭の上に置かれた小さな包み・・・。 これだけですか・・・? 「えっと・・せつなさん?」 「ん?な~に?」 「この小さな包みだけでしょうか?」 「高かったのよー、これ」 いや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

新作?です。 まぁ、疲れてるってことで。 「ちょっと……寝るなら静かに寝てよね」 「……ん?」 「いびき……ウルサい」 ため息混じりにせつなが僕を叩く 真っ暗な空間で、スクリーンの光に照らされた顔には涙の筋 スクリーンで流れているのはコテコテの恋愛映画 観たくないワケじゃない 実際、原作読んでる 誘われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

その20。とりあえず、コレが最後です。 次から新しく作っています。 「ねぇ、おいしいシュークリーム買ってきたけど……どぉ?」 人が帰ってくるなり、第一声がこれですか…… 他人の家で待ってるんだから、お邪魔してますくらい……もう自分の家と思ってるのかな? まぁ、それは良いとして「甘いものの前にちゃんとしたご飯が食べた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

その19。たぶん、大曲の花火大会見た後に書いてますね。 ひゅるるるる…… どど~んっ 「た~まや~」 ひゅるるるる…… どど~んっ 「か~ぎや~」 一体どこでそんな言葉覚えてくるんだか…… 髪はまとめてかんざしで手元には巾着袋 でもって赤い浴衣にオレンジの帯 「……金魚?」 見た瞬間彼氏にこう言われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

その18。このころは帰りが遅かったなぁ、とか かたん。 「ただいま~」 静かにドアの開け閉め 当然返事はない 中に人がいないわけじゃない 今日行くね、とせつなからメールがあったし…… ただ、時間が問題だったりする 現在午前二時…… 明日納品の書類をまとめてたらこんな時間に…… 帰りのタクシーの中で読んだメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

その17。バレンタインネタ書いて3つ目が夏なのですか・・・ 書くペース遅いですねぇw 「あついね……」 「あついね……」 じりじりと照りつける太陽。 つば広の帽子をかぶってるせつなはまだマシじゃないか。 僕は何もかぶってないから直射日光に焼かれてるのに…… 「もう少し並ばないトコ探すべきだったかなぁ?」 片手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

その16。まだ早いけど、バレンタインのお話 「はい、チョコレート」 「ん?ありがとう……」 その間は何ですか?何か不満でもありますか? 「……手作り?」 あぁ、そういうことなのね……。 せっかく悠君の喜ぶ顔が見たくて手作り……してないのにっ。 「有名パティシエさんに私の思いを代弁してもらったの」 「そっか」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

その15。眠いときは眠いのです。 今日はゆっくり~話そう~♪ 「……ん?」 携帯が鳴ってる。 せつな専用の着信音。 久しぶりに一人でゆっくり寝てるのに……。 「どしたの?」 「……ふ~ん、どうしたの?で終わるんだ」 どうやら怒っているご様子……。 「何かあったっけ?」 「映画見に行く約束」 「あ……」 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

その14。結構書いてるんですね、コレ かきかきかき…… 「……?」 自分の部屋に戻って仕事(つまりは残業の残り)をしていると、ちょこん、とせつなさん 「どしたの?」 「何やってるのかなぁ、って」 「お仕事。残業手当もつかないし、だったら家でやろうかな、って」 「へぇ~」 「見てても面白くないでしょ?あっちでテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

その13?もう数えるのが面倒になってきたw 「悠君、ちょっと話があるんだけど……」 「ん?どうしたの?」 ソファで雑誌を読みつつ、くつろいでいると、背後に神妙な顔をしたせつなが立っていた 「ほら、立ってないで座ったら」 ぽんぽん、と自分の隣を叩く 「うん……」 ?何故だかせつなに元気がない……どうしたんだろう?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

その12。時期は過ぎてますけど、クリスマス。 「わぁ……」 感嘆の声。 「月見えてるのに、雪が舞い降りてくるなんて……」 「確かに綺麗だし、ロマンチックかもね」 24日深夜……というか、日付変わってるからもう25日のクリスマス当日。 外で食事して、少し遊んでからの帰り道。 いつものせつなのお散歩に付き合って、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

その11。親友が結婚したのもこの時期なんですねぇ・・・ いやぁ、時が経つのは早いものだw ぽちぽちぽちぽち……。 「……」 「……?」 携帯でメールを打ってると、せつなが隣で携帯を覗き込んでる。 プライバシーの侵害ってご存知ですか? 「また飲みに行くんだ……」 『じゃあ、明日6時頃でいい?場所は……』 携帯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

その10。朝の光景です。こんな時もあったわねぇ・・・・ どうやら朝っぽい。 外から漏れてくる光がそう教えてくれる。 「……寒っ」 いつも自分から起きないのに、起きた理由はこれ。 昨日から毛布だけじゃ寒いから掛け布団を追加したはずなのに……。 横を見ると、せつなが僕に背中を向けて寝てる。 しかも、毛布と布団をしっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

その9。モデルになったお店は現在移転しているそうです。 カランカラン カウベルの音が店内に響き渡る。 「いらっしゃい」 いつもの笑顔で店長が迎えてくれる。 「お久しぶりですね」 下手すると前回の来店から半年くらい経ってるのに、この店長は覚えててくれる。 「隣の美容室には何度か来てるんですけどね」 「えぇ、聞い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

その8。そういや、携帯買って初期不良だったんだよなぁ、とか。 「う~ん……」 部屋の中でうなってる人が1名。 僕じゃないことは確かだから、もうせつなで確定なんだけど。 「どうしたの?」 「携帯、壊れちゃったみたい。まだ買ってから2ヶ月よ?」 「普通、そんな短期間で壊れないね。で、どこがどうなってるの?」 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

その7。一昨年の夏は台風で色々あったなぁ・・・とか。 「野菜、最近高いね~」 「卵なんかもね。野菜は台風の影響、凄いからね」 「でも、悠君の家には野菜なかったよね?」 「まぁ、一人暮らししてれば、そうなっちゃうって。それに……」 「それに?」 「自分のためだけに料理してると飽きちゃうでしょ?」 「それもそうね」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

その6。ちょっと長かったかな・・・? 「ねぇ…悠君?」 「どうしたの?」 せつなが寝転がって見ていた雑誌から目を離し、思い出したように聞いてきた 「私、綺麗?」 「何を急に…」 何を聞くかと思ったら…今更言う必要ありますか?本人を目の前にして、だよ? 「なんとなく聞きたくなって…」 「綺麗なんじゃないの?」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

その5 その3?あたりからの続きですね げほげほげほ…… せきが止まらない。 ついでに鼻も詰まってるし、頭もガンガンする。 ピピピピピ…… 機械音を合図に、脇に挟んだ体温計を取り出す。 38.7度……なんだかなぁ 「何度?」 ちょっと心配そうな顔のせつなが寝ている俺の顔を覗き込む。 「大したことな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

まとめその4?です。 「おかえり」 「……!」 仕事を終えて自分の部屋に戻ると、暗い部屋の中から女性の声が聞こえた。 「……せつな?」 「私以外に誰か別の女性が合鍵もってるの?」 「合鍵で入ってきた、とは限らないでしょ?」 「それもそうね」 くすくす、といつもの楽しそうな声が聞こえる。 「で、電気もつけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

以前、別のスペースに書いてたものです。 少しずつ書き足していこうと思っているので、 ここにも載せておきます。 とりあえず、まとめましたので、ご覧ください・・・? 「雨、止まないねぇ」 俺の部屋にびしょ濡れで助けを求めてきた彼女は、俺のトレーナーに膝を入れて小さく縮こまっている 「……トレーナー伸びるから止めて欲し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

ちょっとSSSにタイトルをつけてみました。 『小さな幸せ』 日常で、忘れがちな、些細な幸せを書いてたつもりなので、 こういうタイトルをつけてみました。 「おかえり」 「……!」 仕事を終えて自分の部屋に戻ると、暗い部屋の中から女性の声が聞こえた。 「……せつな?」 「私以外に誰か別の女性が合鍵もっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SSS(ショート・ショート・ストーリー)でございます。

以前、このblogに移転してくる前に書いてたものを移設することにしました~ いくつかあるので、少しずつ出してきます。 「雨、止まないねぇ」 俺の部屋にびしょ濡れで助けを求めてきた彼女は、俺のトレーナーに膝を入れて小さく縮こまっている 「……トレーナー伸びるから止めて欲しいんだけど」 「いいじゃない、悠くんの服、どれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more